八木龍平オフィシャルブログ「リュウ博士の自分で考えるスピリチュアル」Powered by Ameba

そこに想いがあるか?
前回、なぜエントラストフィールドさんと仕事をするのか書きましたが、他の人のことでも、けっこう書けます。実際イベントのときは都度書いてきました。共通しているのは、そこに共感や共鳴があったから。成り行きだけでは、わびしいですし、シンクロだけだと、スピリチュアルすぎる。人に言葉やエネルギーをお伝えする仕事なら、そこに「想い」があるかどうかって「基本」だと思います。よく引き寄せの法則で「いい気分がもっとも大事」と言われますが、僕もこういう仕事をしているとそう思います。この「いい気分最重要説」のよくあ
なぜ,あの人と仕事をするのか?
ビジネスにおいて「仕事相手」はつきものですね。僕がよくお仕事している(株)エントラストフィールドの谷元友紀さんも時々こんな質問をいただくようです。「どうしてゆきさんはリュウ博士と仕事をするの?」 「え?そんなこと気になるんだ〜と」思うんだけど、わりと聞かれるんです。たしかに、「え?そんなこと気になるんだ〜」ですね^^僕もいろんな人と仕事をしてきましたが、こういう質問は来たことないですから。「なぜ、了戒翔太さんと?」「なぜ、肉まんアトムさんと?」「なぜ、サンマーク出版と?」「なぜ、白石泰三さん
労働は神からの罰なのか,神も行う尊い使命なのか
”こんまり”こと近藤麻理恵さんが、アメリカでさらなる旋風を巻き起こしているようです。支持する人と反発する人、その考察をしたブログが興味深かったのでシェアします。アメリカと日本の文化の違い、それも宗教観に根ざした文化の違いがあるという指摘です。その違いは「労働」のとらえ方にあらわれている。くわしくは上記ブログを見ていただければと思いますが、端的にまとめると、●キリスト教文化では、労働とは、神様の命令に背いた「罰」である。掃除や片付けも労働なので「罰」。だからある一定のお金がある家は、必ずハウス
『そらみつ私』になるオンラインスクール
そらみつ大学の「そらみつ」っていったいどういう意味か?そう思われる方も、たまにいらっしゃるようです。そらみつ大学2期の詳細はこちらからご確認いただけます。これは日本神話のエピソードに由来します。太古の昔、ニギハヤヒノミコトという神様は、天磐船(あまのいわふね)に乗り、大空をかけめぐっていたところ、ある土地を見つけます。ニギハヤヒノミコトは天よりそこに降り立つにあたって、その土地を「そらみつ日本(やまと)の国」と名づけました。「日本」という国名は、ニギハヤヒノミコトが名づけたのです。「そらみつ
霊能者のお作法は『自他の境界線』を強く引くこと.
とつぜんですが、「あ、この霊能者だな」ってわかる事があります。職業としての霊能者じゃないですよ。霊感鋭い人だなあ〜と気づくことがあるのです。たとえば、10日の出版記念講演会で、ゲストにお招きした江島直子さん。直子さんと話すと、腕の感覚が無くなります(!)。以前、ニコ生で、はるちゃん・江島直子さん・僕の3人で対談したとき、直子さんを真ん中に挟んで、僕の左隣に直子さんが座りました。すると対談している内に、左腕がしびれてきて、どんどん感覚が無くなっていったのです。それで、目立たないように何度も左手
運はタイミング
3月7日(木)のヤタガラス神社イベント、満員御礼になりました。お申し込みの皆様、ありがとうございました☆ 一緒に行う、なゆー*さんより、本イベントは、こういうシンクロが起こっていたというご報告、リブログします。タイミング良く起こるのがおもしろいですね^^天の時、地の利、人の和というけど、運は天の時、実力は地の利、人望・人徳は人の和。実力や人望は急に変化が起こるものでは無いけど、今回は運「も」そろって良かったです。【そらみつ大学2期、募集開始!】★1期と内容
本日は神戸のあいとぅるーさん神戸支店で,はるちゃんのDVDシェア会.LOVE編と特典映像の...
View this post on Instagram 本日は神戸のあいとぅるーさん神戸支店で、はるちゃんのDVDシェア会。LOVE編と特典映像のそれぞれ僕が出演した分を見ました。 Facebookで告知しただけで早々に満員御礼になって(僕は何もするスキ無かった…)、期待の高さを感じるイベントでしたが、なかなか濃い時間になったと思います⭐ はるちゃんと僕の対話は「パートナーシップ」について。これ、正解の無い分野で、ひとりひとり、一組一組が、私だけの、私たち
大阪城を一望! 出版記念講演会でした⭐
本日は大阪で出版記念講演会、ご来場の皆様、誠にありがとうございました!非常にエネルギーの良い会場でしたね。もちろん見ての通りの見晴らしの良さです⭐今日は、何もトーク内容を決めずに、ぶっつけ本番で、降りてくるままに任せました。独演会や名古屋のときは、アウトラインを決めてたのですが、今回はゆるくやりました^^ご来場者は80名は超えてたみたい。ありがたいですね。ゲストの江島直子さんと対談。ふたりで話すのは初めてなのですが(いつも周りに数名いる)、「たぶん、
メルマガで,イベントの日付にミスがありました.
2月9日(土)配信のメルマガでひとつ誤記がありました。4月に実施予定の阿佐ヶ谷神明宮・馬橋稲荷神社イベントの日付です。正しくは4月13日(土)大安吉日です。ミスをお詫びします。都内最大級の伊勢神宮勧請の神社「阿佐ヶ谷神明宮」と、都内に3つだけの双龍鳥居のある「馬橋稲荷神社」をめぐるランチ会です。詳細やお申し込み・お問い合わせご希望の方は、主催するゆっきーさんのご案内をお読みください。以下、リンクします。”リュウ博士と行く!超開運ラン
本日は移動日です⭐
本日は移動日、明日は大阪で出版記念講演会、明後日は神戸で、はるちゃんのDVDシェア会です⭐でも写真は熱田神宮。御社殿の裏から撮影です。明日明後日ご参加される方、よろしくお願いいたします❗【そらみつ大学2期、募集開始!】★1期と内容、全く同じです。そらみつ大学2期の詳細はこちらからご確認いただけます。【募集イベント】3月7日(木)13時〜15時 ヤタガラスゆかりの地参拝 in 東京・増上寺3月10日(日)14時〜16時30分 出版記念講演会 in ホルトホール大分(大分駅より歩3分)¥3,00
なぜ,ご縁がやってくるのか?
なんか、急に寒くなりましたねw 午後の紅茶でも飲んでください☆今回のブログは「他力本願」について。先日、明治神宮のランチ会にご参加された田淵華愛さんに手相を見てもらったとき、「他力本願ですね! 他力に乗るのが上手というか」と一言いただき、正にそうだなあと。僕自身は、独力重視、何でもひとりで抱え込むような所がありますが、でも決して「自分で風を起こす」人間では無い。いろんなご縁がやってきて、何とかなっている人間です。うちの奥様は「自分で風を起こす」ことができる。が、僕はそういうカリスマ性、渦の中
ヤタガラスのシンクロ起こる☆
昨晩、「今年は”ヤタガラス”””にまつわる神社へご案内する」と申し上げました。その第1弾として、3月7日(木)お昼に企画しました。なぜヤタガラスの神社に参拝するのか?ひとことでいうと、元号の変更にともなう「新世界への道案内」です。くわしくは、昨晩のブログ記事をご覧ください。リンクします☆【新世界への移行】なぜヤタガラスの聖地に参拝するの?さて、もうひとつ書かないといけない事があるなと。それは、なぜ、なゆー*さんとコラボなの? ということでしょう^^(←ご本人は、何を書かれるかとドキドキしそう
メルマガ:幸せ感覚を神社でダウンロードする
今週の2月9日(土)は、2週間に1度のお楽しみ(?)僕のメルマガ「神社大好きラボ」の配信日です。今回のテーマは「幸せ感覚を神社でダウンロードする」1月26日に熱田神宮、2月3日に明治神宮に参拝してきました。名古屋市の熱田神宮と東京原宿の明治神宮。この両神宮について、メルマガに書きました。両神宮には共通して、ある「いいこと」があります。そして、そんな両神宮が大都市にあるのは、日本にとってとても素晴らしいことだなあと思うのです。メルマガへのご登録は画像をクリックください。登録したメールアドレスに
【新世の中への移行】なぜヤタガラスの聖地に参拝するの?
今年は、ヤタガラスにまつわる神社に、ご案内する予定です。まず第1弾として、3月7日(木)お昼に企画しました。なぜヤタガラスの神社に参拝するのか?僕の本でおなじみ「ヤタ子」はヤタガラスの化身です。いったいヤタガラスとはどのような存在でしょうか? ひとことでいうと、「新世界への道案内」です。神話では、彦火火出見尊(ヒコホホデミノミコト)軍が、熊野から大和へ行く道に迷っていると、天照大神が夢に現れてヤタガラスを遣わしました。ヤタガラスの案内で軍勢は無事たどりつき、勝利に導かれます。そしてヒコホホデ
頼れない恨みはいつの間にか消えていました.
明治神宮・ランチ会にご参加いただいた、手相鑑定士の田淵華愛さんが、くわしいレポを書いてくださいました☆僕の手相も見ていただいて、来年2020年は「所有物が変わります!」だって。なんか不動産のような大きなモノを手にしているということらしいけど、楽しみですね^^先のことはわからないけど、集中していくこと、前を向いていくことかなと思います。この明治神宮イベント前日まで壱岐島にいたのだけど、いろいろ思うところや気づきがあってね。で、その中のひとつに「いつの間には、自分は感覚レベルで世の中を・人生を肯
[聖と俗のコントラストが楽しい神社] 明治神宮散策とベニーレ・ベニーレでランチ会でした!
昨日の節分の日は、(株)SnowLoveさん主催・明治神宮参拝+原宿のイタリアンレストラン「ベニーレ・ベニーレ」でのランチ会でした☆ご参加の皆様ありがとうございました。この日は冬のいちばん寒い季節のなのにあたたかく、本当に良いお天気。ぜっこうの参拝日和でしたねぇ。これも「僕の日頃の行いが良いからですね!」と何度もネタに使わせていただきましたw(←ここは、”みなさまの”というところ)そういえば、イベント中に何度かご質問いただいたのですが、そらみつ大学2期の内容、1期と同じです。なので1期生の方
仕事に集中した5日間
壱岐から東京に戻ってきました。今回は八木宅で4泊5日すごしましたが、本当に仕事に集中した5日間でした。とっても反省しましたよ。なぜこれが東京にいるときにできてなかったんだろう??と。東京にいると気が散ると、なんか環境のせい、つまり他人のせいにしていたけど、根本的には自分が気を散らしていたわけだよね。「自分に集中」とは、妻の持論だけど、ほんとそうだ。自営ももうすぐ丸3年。4月からは4年目を迎えます。前職の研究所にいた頃の感覚だと、3年はひと区切り。スタートしたプロジェクトがいったん終了し(ビジ
【昔話】予言者があらわれるとき
「それじゃ遅いです」記念すべき(?)初めてのセミナー主催・講師をしたとき、ご参加の方とのやりとりです。「スピリチュアルなお仕事で独立する気は無いのですか?」とある人に聞かれ、「今は無いですね。まあ50才くらいになったら考えます」と答えたところ、「それじゃ遅いです。もっと若い内にやらないと」と言われ、その人は何やら目をくっきり見開かれたかと思うと右肩を少し引いてパチパチまばたきして、僕の頭より少し左斜め上を見ました。で、「リュウさんは、〇〇さんのような存在になりますよお」と予言されたことを覚え
ネガティブ情報で判断する
僕のこれはクセなのですが、ネットが普及してから、何か新しいことを始めるときは、ネガティブ情報、ネガティブな噂を、けっこう詳細に調べます。(1)新卒で入社した会社を辞めて大学院に行くときアカデミックハラスメントにより挫折した大学院生のホームページを読みました。つらかったなあ。血反吐を吐くような、っていう形容詞がぴったりの内容でした。たまたま、相性が悪いか、ひどい教授に当たってしまったのか。そんな人間関係上の問題だけでなく、「大学院生の立場がものすごく弱い」という構造問題に気づきました。博士号の
『ニッポンが大好きになる』そらみつ大学2期募集スタート!〜お待たせしました
「そらみつ私になる」最初の神社の本『成功している人は、なぜ神社に行くのか?』で、エピローグに書かせていただいた言葉です。「そら=虚空」に満ちた私になる。そして次の神社の本『成功している人は、どこの神社に行くのか?』冒頭に書いた言葉。「本当に満ちているものは、空っぽに見えて、その働きには限界が無い。(中略)清らかで静かなものこそが、この世を動かしているのだ。」(『老師』第45章より抜粋)画家・伊藤若沖の「若沖」はここから来ております。「大盈(たいえい)は冲(むな)しきが若く」=大盈冲若。この意
八木さやちゃんと配信〜【自分ビジネス】何かを売るのではなく,自分を表現する
昨晩は、八木さやちゃんとインスタライブ☆ 自分ビジネスについて配信しました。壱岐にきたのは火曜日の夕方。顔出しせず、2人で布団に寝転がっての配信は、ラジオ感がありますね^^ラジオ深夜便みたいな静けさがあったけど、内容は割と過激だったかもしれません。YouTuberさんの活躍を後押したキャッチコピー「好きなことで、生きていく」に表されるように、「好きを仕事にする=自分ビジネス」が一般的な理解でしょう。僕の場合、「好きなこと=神社参拝」でした。ただ、これが仕事になるとは思わなかった。だって趣味で
SNS時代の自己紹介
奥様から、「疲れのニオイが出てる!」と布団をひいた部屋をお炊き上げされた僕です。こんにちは。いやー、昨晩は気持ちよかった^^ 普段どんだけ休んでないのー?!と突っ込まれそうだ。寝ることに集中できる日がなかなか無くてね。これ、僕の意識の問題です。さて、ちょっと先ですが4月13日(土)大安吉日に、都内最大級の伊勢神宮勧請の神社「阿佐ヶ谷神明宮」と、都内に3つだけの双龍鳥居のある「馬橋稲荷神社」をめぐるランチ会をします☆詳細やお申し込み・お問い合わせご希望の方は、主催するゆっきーさんのブログ記事を
顔パス
また壱岐島に来ております。さっきラーメン食べてきた。なんか、タクシーの運転手さんはすっかり顔パスになっていますw 妻はなおさら。こういうのは島くらし特有かな。僕はど田舎暮らしも経験していますが、こうはならない。新鮮ですね☆【募集イベント】2月10日(日)大阪・出版記念講演会 with 江島直子さん3月10日(日)14時〜続きをみる&
”ヤタガラスの旅【予告】3/7(木)増上寺・熊野神社・芝東照宮”
募集はまだですが、やるよって告知だけ。何をやるのか?ヤタガラスの旅です!詳細はまたお伝え続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』
神様への願いは誰が叶えるの?
神社では、ひとびとが多くの願い事をします。〇〇が叶いますように!その願い、誰が叶えるのでしょうか?『成功している人は、どこの神社に行くのか?』をお読みの方なら、お答えいただけるでしょう。私です。あなたです。自分で叶える。そして他人が叶える(のを助けてくれる)。ひょっとすると、神様なる人間と違う存在が、助けてくれる・代わりに叶えてくれるという認識の方が結構いらっしゃいそうなのですが、それは違う。人間です。私の願いは私が叶える。しかし独力で全て叶えるのは、ほとんど無いでしょう。大なり小なり、他人
天下人を多数輩出したまちでの出版記念講演会
昨日1/26は名古屋で出版記念講演会でした。ご参加の皆様、誠にありがとうございました。主催の築山知美さん、僕、ゲストにお招きした新刊『成功している人は、どこの神社に行くのか?』担当編集者であるサンマーク出版の金子編集長です。講演会前に、3人+知美さんの娘さんで熱田神宮に参拝しました。天下を取った源頼朝・足利尊氏・織田信長・豊臣秀吉・徳川家康とゆかりの神社です。参道は明治神宮と似ているのですが、拝殿まわりは伊勢神宮と雰囲気が似ています。何せ3種の神器のひとつがある神社ですから、伊勢神宮のように
名古屋の熱田神宮に参拝しました
View this post on Instagram Ryuhei続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』
田舎のスピードは,東京より優る.
東京はスピードが速い。田舎はのんびりしている。これ、常識でしょう。ですが壱岐島と東京の2拠点を経験して、この常識疑うようになりました。東京は遅い。遅すぎる。なぜか?スピードの遅い人が多すぎるのです。道を歩いていても、車で移動していても、渋滞は珍しくないですよね。あるいは仕事でも多くの人と歩調を合わせないと、前に進んでいかない。「遅い!」と感じることが多々あるわけです。一方、田舎はマイペースです。自分のペースで進められます。人口少なく、土地が広いから、ひとりになりやすい。だからマイペースでいら
神社は『共同体感覚』をはぐくむ場所
肉まんアトムさんが、拙著の感想をアップされてました!神社には共同体感覚を作るシステムがあった!!これだけ読み取ってくれて、ありがたいですね☆神社参拝は「他者との間に共同体の感覚を育むよ」ということは、本書でいちばん言いたかったメッセージなのです。社会保障の世界で、・自助・公助・共助という枠組みがあります。自分で何とかする自己責任の「自助」。政府や自治体が何とかする「公助」。公助でまかなうにはお金が足りないので、みんな自分でがんばってね☆と0か1かの話しでなく、その間に「共助」というあいまいな
メルマガ:人脈が広がる神社参拝
今週の1月26日(土)は、2週間に1度のお楽しみ(?)僕のメルマガ「神社大好きラボ」の配信日です。今回のテーマは「人脈が広がる神社参拝」僕の新刊『成功している人は、どこの神社に行くのか?』をお読みの方なら、あらためて説明するまでも無い内容なのですが、たぶん読んでない人も多いでしょうから(笑)、メルマガに書きました。ご登録は画像をクリックください。登録したメールアドレスに、確認のメールが送信されます。確認メール内のURLをクリックすると、登録完了です。配信予定の時刻は、7時30分〜17時30分
魂の輝き
妻との話し、なんだか好評ですね^^ せっかくなので、もうひとつ。はるちゃんを偲ぶシリーズってところかな。この写真、覚えていますか?東京の家を引き払って、壱岐に旅立つときの1枚。もう博多港に着いてた時のかな。壱岐島に行く船から「思ったより体調いい」とメッセージくれたのを覚えています。この写真を見た時は、いろーんな感情というか情動がめぐりました。だって写真から伝わる人は伝わると思うけど、彼女はヨレヨレですよ。ボロボロの状態で立っている。それが写真の右下にちらっと見えている足首から伝わってくるもの
呪いととるか,ご神徳ととるか(Thambaさんブログより)
スピリチュアルカウンセラーのThamba(サンバ)さんが、新刊『成功している人は、どこの神社に行くのか?』に関連して、興味深い記事を書いていたので、リブログ・リンクします☆2つ記事があって、ひとつは”呪いととるか、ご神徳ととるか”カンタンに要約すると、・お墓参りしたら、結婚に賛成してもらえた!・亡き父のご神徳は【夫婦和合・家庭円満】だろうなぁ。だって父は生前【夫婦&家庭】のことでとんでもなく挫折をしているから。・「父の呪いのせいで幸せになれない」ではなく、「父の御神徳のおかげ
自分の中にある未来の自分を追いかける.
昨晩、妻がはるちゃんブログの削除報告を、インスタライブでいたしました。どなたか存じませんが、いつもアップ素早いですね! ライブ後、すぐに電話がかかってきて、お疲れ様でしたとなりました。そして0時になったら、アカウントの削除をし。削除手続きをした後も、現時点ではまだブログが残っています。削除手続きをしてから、実際に見えなくなるまで、ちょっとタイムラグがあるようですね。「リュウ博士のせいでブログを閉鎖する羽目になった」なんて妻は言うけど、そんなにあの話しは刺さったんだあって、言った方は「ふーん」
悩みから楽しみへ,癒やしから成長へ〜スピリチュアル業界の動向変化
ここ数年、スピリチュアル業界の動向がかなり変わってきたように思います。特に2018年に顕著になってきた。それは、「最近、悩んでいる人、弱っている人じゃ無い人たちが、スピリチュアル界隈にずいぶんと目立ってきたな」ということ。というのも、、、おっとその前に重大ニュース。子宮委員長はるちゃんのブログ・Facebookページ・インスタ、本日1/21をもって閉鎖とのことです。詳細は、彼女のブログを以下リンクしますので、そちらでご確認ください。【重大発表】お知らせ完全保存版DVDの特典付き販売も、本日を
3/10(日)大分・出版記念講演会
来る3月10日(日)、大分駅南側徒歩3分にあるホルトホール大分にて、『成功している人は、どこの神社に行くのか?』出版記念講演会を行います!なぜに大分で? と思われるかもですが、前作の時も大分で同様のイベントを主催された方々がいまして、今回も企画してくださったのです。時間は14時〜16時30分、参加費は前売り3,000円(当日3,500円)です。お申し込みはこちらからです。お申し込みされると、振込先をお知らせするメールが届きます。入金後、参加決定とさせていただきます。なお複数枚申し込む方は、お
荒川さんがスサノオさんと行く理由『スサノオと行く生と死の女神,菊理媛(ククリヒメ)を巡る旅 』
今日は、荒川祐二さん著『スサノオと行く生と死の女神、菊理媛(ククリヒメ)を巡る旅 』を読んでました。荒川さんの本をしっかり読んでみようと思ったのは、「菊理媛」(ククリヒメ)という神様は、僕にとっても大事な存在だからです。謎の多い神様で、日本書紀の本文に記述は無く、ある説としてほんの少しよくわからない登場をするだけなのです。ともすると陰謀論的な扱いになって、ノイズが多いと感じてしまう。荒川さんは、社交性に富む、誰にでも通じる言葉を持っている作家さんなので、「どう表現するのだろう?」と読み進めた
原点を知る人たちとの会合
今日はサンマーク出版の、著者を養成するゼミで共に学んだ仲間たちと会合でした。当時サンマーク出版の常務だったタカトモさんが独立されて、囲んで交流の場をもうけたの続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』
自分の欲を素直に認めて表現する人は,楽しい.
さっき妻と電話していて「欲のある人」と話すのは楽しいという話題になり。これは僕も正にそうだなと思うのです。欲はみんなある。その上で、その欲をどう表現するのか? 自分の中でどのように認めているのか? です。欲が無いフリをしている人と話すのは、すごく疲れる。話している最中は気づかないのだけど、話し終わった後、「どっ」と疲労感があって、「これは何だ?!」という事がある。たとえば、そういう「無欲系」(?)の人たちからのオファーって、奪うだけなんですよ。「私(たち)に貢献してくださいっ!」と、たくさん
ラジオの時間
1月16日は、シンクロというのでしょうか。珍しいことが3つ重ねて起こりました。今日、実はラジオの収録がありまして。この日を時系列で並べますと、まず12時過ぎに、あるラジオの出演依頼がありました。ちょうど1年前に一度出たことがある番組で、パーソナリティは旧知の開運大学・学長さん。いーですよ〜とご返事したのですが、同時に「重なるな〜」と思いました。というのも夕方16時、五反田の某所に行きました。ラジオの収録ですwまったく存じ上げない方なら、とつぜんご依頼があり。最初は意識に残らずスルーしていたの
チャネリングの人間関係への応用
まず大島ケンスケさんによる、先日のチャネリングセミナーのレポをリブログします☆チャネリングというと、いかにもスピリチュアルな世界ですが、ふつうの人間関係のコミュニケーションにも応用できます。一般にチャネリングは、高次元の存在と周波数を合わせて通信する行為なのですが、それなら、人間とも周波数を合わせられますからね。あるいは、人間同士で、より次元の高いコミュニケーションを行う、なんて応用もできます。前職の9年間の企業生活で、人間関係へのチャネリング技術の応用はかなりやったのでね。自分で実践しただ
週末セミナー三昧でした!
この土日はイベントでした。土曜日のDVDシェア会をいっしょに主催してくれた、横山えみさんのレポをリブログします☆子宮推命パートでは、熱心にメモする人などがっちりお勉強モード。やっぱり歴史ある占いは奥が深いですよね。はるちゃんと僕とのあの世対談は、なぜか爆笑のオンパレード。ギャグは無かったはずなのだけどw、笑っていただけて何よりでした。今回も盛り上がってよかったです!そして日曜日は大島ケンスケさんとのチャネリングセミナー。50数名の方がいらしたのですが、ペアワークや瞑想を実習する、ワーク多めの
はるちゃんの2極化論
今年は1月14日が成人式なんですね。3割近い人が行きたくないとか。ま、そんな位の確率ですよね。僕ですか? 行きませんでしたよ。行きたくないけど、でも行かないと的な心の葛藤も無かったなあ。僕の周りに限っていうと、行った人がいるのかな?いつの間にか終わってましたね(笑)本日1月12日は、はるちゃんの子宮メソッド完全保存版DVDのシェア会2回目でした。おかげさまで、15名さま満員御礼☆ 土壇場のキャンセルも無く、無事におわりました。ご参加の皆様ありがとうございました!DVDは4巻あるのだけど、その
恵比寿で新年会
昨日1/10は、ヒーラー's ヒーラー本郷綜海(そみ)さんのお声がけで、恵比寿のレストランで新年会でした☆他の参加者は、龍神サロン主宰のShingoさん、ヨガ講師などのご活動で知られるPICOさん、癒しフェアを主催するエルアウラの遠藤明美さん。みなここ1〜2年の癒やしフェア出演者ですが、それつながりの会合でも無く、最近なんとなくご縁の近い人たちの集まりでした。そみさんのレポート、リブログしました。さすが、皆さん前向きでエネルギッシュ。楽しい一晩でした☆食事の写真もアップしちゃ
メルマガ:どこの神社でもいいのでは?
今週の土曜日1月12日(土)は、2週間に1度のお楽しみ(?)僕のメルマガ「神社大好きラボ」の配信日です。今回のテーマは「どこの神社でもいいのでは?」僕の新刊『成功している人は、どこの神社に行くのか?』に対し、批判的な目で根本的にメスを入れるなら、「どこの神社でもいいんじゃない?」と問いかけることでしょう。「読めばわかる」では芸が無い。1冊読むのは、それなりに大変な労力でもあります。そこで無料のメルマガで説明しました。ご登録は画像をクリックください。登録したメールアドレスに、確認のメールが送信
今日はおりてこない
壱岐から戻ってきました。2拠点生活も板についてきましたね^^数日とはいえ離れると、いろいろ事務や家事がたまっているので、処理していました。ごめん、今日は特にほえたい事ないですw昔、ある有名な作家にして評論家さんが講演をしたときのこと。知的で美男子なので、講演家としても人気の方だったのですが、紹介されて壇上に登場し、しばし沈黙。会場が「どうしたのかな?」と思っていると、「今日はおりてこない」と言って帰られたことがあるとか。いや、「おりてくる」ことを話すタイプの人であれば、そういう事はあるはずな
リア充アピールのブログ
昨日は、さやかさんとホテル海里村上(かいりむらかみ)のレストランで食事に。いつ食べてもおいしいところでね! 魚も肉も何でもうまいし、味だけでなく、量のバランスも良く、景色は良いし、スタッフさんの距離感もほどよい。2人とも、とてもお気に入りなのです☆壱岐の名産に、高級魚で知られるクエがあるのですが、天然のクエ鍋と、ぞうすいは最高でした♥️(←リア充アピール)クエは白身の魚であっさり上品な味ですが、特におだしが美味しくてね。おだしを飲むと、ほーっと肩が緩んで、とろけるように
『自分が本物になる』は新刊の結論です.
昨年コラボしたスピリチュアルカウンセラーのThambaさんに、新刊『成功している人は、どこの神社に行くのか?』の書評をいただきました^^リブログ・リンクします☆”自分が本物になるための本”「自分が本物になる」は新刊の結論です。そのための知識や情報を1冊かけて書いたのでした。メッセージの受け取り方は人それぞれで、本の解釈は読者が主役です。とはいえ、著者の意図をそのまま素直に受けとめてくれるのはうれしいですね。一見タイトルに著者の意図がそのまま込められているように思われがちですが、それは出版の裏
職業としてブログを書くこと
昨晩は映画『キングコング』(ピーター・ジャクソン監督、ナオミ・ワッツ主演)を妻と鑑賞。はい、特段何もしてませんw「(この家は)仕事しかすることないでしょ〜?」と言われましたが、そうかもですね^^仕事に集中するために創られた機能的空間です。スタッフさんもまじえて中華料理に行ったり、お弁当を食べたりして、「さやさかんは普段こんなやりとりをしているのね」と見学。ブログを書くことが話題になっていたので、僕も一応ブロガーですから、ちょっと口をはさんだり。2015年8月までは、僕にとってブログを書くこと
くだらないことに体力を消耗しない生活☆
壱岐の八木家は、4日も5日もお仕事稼働中。スタッフさんが出勤して、たくさんお仕事されていました☆僕は今日は15時まで寝ていたw身体がピクリとも動きませんでした・・・(←疲れとるのお)。さやかさんの習性がうつっているのか、壱岐にいると、無駄なこと・くだらないことで体力を消耗することはありません。逆にいうと、東京にいるときは、疲れているといっても、無駄なこと・くだらないことで、けっこう体力を消耗しているのです。例)だらだらネットサーフィンする今日は本にサインを沢山しました。妻のさやかさんが70冊
孤独は財産です.
壱岐にまた来ています。妻を盗撮中☆さて、コメントでこんなのがありました。共感できるので、紹介します。博士課程に進むと、大学院の外でまるで話が通じなくて孤独を感じるとのこと。よくわかります。あれこれ悩み考え、時に希望をいだきする時間があったとして、その話を共有できる相手が極端に少なくなる。それが「比較的、変わった経験」をする人の宿命です。大学院の修士課程まで進む人はまだ多くいますが、博士課程に進学する人は、かなり少ない。いわゆる「一般的な社会人ルート」から外れてしまうからです。博士課程に進んだ