人生は壮大な人体実験だと思う件

ほふく前進ガバイ塾とは何か的な話(非営業的な話です)
さて、明日はほふく前進ガバイ塾、明後日は前進ガバイ塾です。 ここ最近、ほふく前進ガバイ塾も前進ガバイ塾も新しい展開になってきて、面白い感じになってきています。
やる気が出ないと悩む人のための記事を書いてみた件
私は毎日のようにブログを書いています。 趣味のブログであれば、好き勝手なことを書けますが、私の場合、仕事で書いていますし、読んでもらってなんぼですから、書きたいことではなく、読者の方が「なるほどね!!」って思ってもらえる記事を書くようにしています。
とりあえず落ち着いた方が良いのはなぜか的な話
サラリーマン時代は、上場企業の社長との付き合いもあったり、合コンに行ったり、ホームパーティー的なことに誘っていたたりしたのですが、イマイチ楽しくなかったんですね。 というのは、金融機関で働いていたころ、ちょっと前まで羽振りが良かった社長が、突然事業がうまくいかずに夜逃げしたり、自殺したり、そういうのを近いところで見ていたからだと思います。
売上は増えていてもお金の流れ感が悪いとちょっとねって話の続き
昨日の記事では私が企業勤めをしていたときの資金繰り表の話を書きました。 少しおさらいしますと、資金繰り表というのは、企業活動の中でお金がどう使われているのかを表で示したものです。
売上は増えていてもお金の流れ感が悪いとちょっとねって話
管理部の仕事をしていたときに趣味というか、こだわっていたというか、もはや癖(へき)みたいになっていたのは、資金繰り表を作ることでした。 資金繰り表というのは、会社のお金の流れに関して過去の実績とこれからの予測を表にしたものです。
心身が歪むことは問題ではない,何が問題かというと,,,
生きている以上、「心身が歪まない」というのは、ほぼ不可能だと思います。 「心身が歪む」というのは、危険から自分を守るための防衛本能みたいなもので、生きていく上で必要な身体反応でもあります。
学校に行ったらエゴが上がってしまった件
私たちはたくさんの観念、つまりエゴを持っているのですが、その観念を植え付ける大きなきっかけになっているのが親と学校です。 観念、エゴというのは、このブログでは「心身にマイナス影響を及ぼす思い込み、クセ」と定義付けしています。  
問題社長や問題上司に意見しても変わらないのはなぜか的な話
組織というのは、リーダーが中心になって動かしていきます。 実際には組織のメンバーがそれぞれの現場で判断して動かしていきつつ、リーダーが組織の方向付けをして、想定外のトラブルが発生したときなどメンバーでは判断できないことを判断することになります。
『愛情と友情』,『仕事と家庭』どっちが大切?
「愛情と友情、どっちが大事?」とか、「仕事よりも家族を大切だ」などと、優劣や優先順位を付けたがる人がいます。 「仕事よりも家族を大切にすれば人生がうまくいく」と言った趣旨のセミナーなんかもありますね。
読者からの質問『電王ベルトを巻いて写真が撮れるのはエゴが低いからでしょうか?』
  D造 D造です。 先日、バッチリ用意してバイクの洗車に向かいましたら、道中でざーざーと雨が降り引き返しました。 そして、バイクを職場駐車場に停めたら、バッチリ雨が止みまして、ちょっとだけ汚れていたタイヤがキ […]
ガバイ人のろくろ回しは奥深い件
  D造 D造です。 今日、少し時間あるので、買いそろえた洗車グッズを使って、念願のバイク洗車を行う予定です。 近所に洗車できるところがないので、有料の洗車場に行きます。   メルマガサンプル実際に配 […]
イヤイヤやると『私ばかりがたいへんだ』と言いたくなる件
何でも「イヤイヤ」でやっていたら、やらされている感を持ち「私ばっかりがたいへんだ」という発想が生まれます。 やらされている感というのは、「他人がやって当然だ」と思っていて、他人がやって当然だと思っていることを自分がやることになったときに、やらされている感を持つんですよね。
死ぬときに『俺の人生は面白かったな』って思えるような生き方について
ここ2年ぐらいは熱帯魚にハマっていましたが、2月末にオートバイを購入しまして、今はオートバイにハマっています。 で、「オートバイにハマる」となると、通常は「乗りまくる」方をイメージしますよね。 オートバイが納車されてから1ヶ月ぐらいですが、オートバイに時間はそこそこ使っていますが、まだ300kmぐらいしか乗っていません。
エゴを下げるのに簡単な方法は有るのか無いのか,,,
「エゴを下げる」というのは、自分の中にある「正しい!」、「当然だ!!」、「そんなの当たり前だろ!!!」と信じている思い込み(=観念)を「違っていた」と認めるようなものです。 強く信じていたことを否定されるようなものですから、その反動で「じゃあ、どうすれば良いの?」という猛烈な不安が襲ってきたり、より所が無くなったようになって、精神的に落ち込んだり、ヒステリーを起こしたようになったりします。
エゴを下げるというのは思いのほかたいへんな件
「エゴを下げる」について繰り返し書いていますが、この「エゴを下げる」というのはホントにたいへんです。 「エゴ」は自分が生きてきた中で培ってきた経験則、常識、固定観念です。
チャンスを掴む人と逃す人
例えば、心が震えるような感動的な映画Aを見たとします。 そうすると、またそういったAみたいな映画を見たいと思って、似たような映画を探すことってあると思います。
『忙しい』や『暇』を『充実している』に変えるには,,,
「忙しいと暇の違いは何か」とサラリーマン時代に考えたことがありました。 私たちは常に1つのことしかやれないわけですから、暇でも忙しくても一緒のはずなんですね。
未来永劫,良い感じの人生を送るコツ
10年ぐらい前、私は下北沢の近くの梅ヶ丘というところに住んでいたことがありまして、そのころはサラリーマンでした。 先日、ちょっと用事があって、その梅ヶ丘に行ってきたのですが、ホントに懐かしかったです。
積極的に楽しもうとしないと楽しめない件,ポジティブシンキングの話じゃないよ
昨日、無性にソフトクリームを食べたくなりまして、そしたら、お客さんがセブンイレブンの「金のワッフルコーン ミルクバニラ」というのを教えてくれました。 これは300円です。
ミスやトラブルというのは環境がそれを生む状況にあったということで,,,ウダウダと,,,
チームの能力というのは、構成するメンバーの平均値なんじゃないかと思います。 で、上記の自殺点の話と同様に、チーム、組織で活動していて、誰かがミスや問題を起こしたとなると、それはその人がたまたまミスをする役回りになっただけで、チーム、組織がミスをする状態にあったということですね。
子どもの成長について考えさせられた件
世間一般で言う、「子ども達が成長して、大人のようになっていく」というのは、「感覚が衰え、考える力を失い、観念まみれになって、不健康になっていく」ということなんですよね。 大人は自分が観念まみれだから、そういう風にしか育てられないし、自分と同じようなことをし出すと、「成長した」と褒めたくなるんですよね。
波動と集合意識とその影響について説明してみた件
例えば、大自然に行ったり、気持ち良い温泉に行ったりすると、身体がリラックスすることがあると思います。 で、温泉の場合で言えば、温泉のお湯や場の雰囲気が良い感じだったりして、その影響で身体がリラックスするわけですが、このブログでは五感ではとらえきれない心身に影響している何かの総称を「波動」と言っています。  
盗る方も盗る方だけど,盗られる方も盗られる方だよねな件
街中をオートバイに乗っていて思うのは、危険運転する人が多いってことです。 交通量が少ないところで、スピードを出すのはわからなくもないのですが、交通量が多いところで、平気で自動車の間をすり抜けていく人をちょいちょい見かけ、ビックリします。
トラブル,事故はチャンス!!
エゴというのは上げるのは一瞬ですが、下げるのはたいへんです。 エゴはドミノみたいなもので、ドミノはコツコツ並べていきますが、1つ倒したら連鎖的に他のドミノが倒れて、大幅にやり直すことになります。
心身が歪むと問題じゃないことを問題のように感じてしまったり,簡単なことも考えられなくなる件
  D造 D造です。 4月からリコ様が小学校へ入学されますので、定休日を土曜日か日曜日に変更しようかと考えています。 ますます土日希望の新規のお客さんの受付が難しくなりますが、平日の夜を1〜2名増やせるかもしれ […]
『~すべき』などの『べき』が争いを生む,,,
  D造 D造です。 デスク用のイスとしてゲーミングチェアを使用しているのですが、自動車の室内をキレイにする洗剤でイスを拭きましたら、イスがキレイになった上に、座面のクッション性が復活しました。 最近へたってい […]
確定申告の作業で激しく歪んでしまい,その後遺症がたいへんな件
確定申告の作業がほぼ終わりました。 あとはざっと確認してe-Taxで送るだけの状態になりました。 私は1年分をまとめてやってしまっているのですが、時間としては1日かかった感じでしょうか。
確定申告の作業をしていたら激しく歪んでしまってたいへんだった件
私は前職で管理部の責任者をしていたり、また、金融機関で財務分析などもしておりましたので、経理・会計周りにはそこそこ明るいです。 ですので、確定申告の作業は単純作業をするような感じでやることができます。
他人が思うようにやってくれないときどうすれば良いか的な話
会社に勤めていたときに他部署や上司のところで仕事が止まり、いくらお願いしてもやってもらえず、自分の仕事が滞ることがよくありました。 そういうときは、自分だけでなく、他部署、上司も忙しいというか、仕事が回っていないんですよね。
イラついたり,焦ったり,怒ったりするのはクセです
私はちょうど競争心の観念の整理をしていたところで、オートバイに乗って、身体のあちこちに生じる緊張だったり、歪みを抜いたら、ゆっくり運転になりました。 そしたら、信号待ちしていると横に並ぶオートバイの人が競争心むき出しなのがよくわかるんですよ。
『できない』,『自信がない』と思ったときはチャンス!!
私は自分が小心者だと思っていますし、失敗したくないです。 以前、とある方に「大造はガラスのハートだ」と言われたことがあるのですが、そのときは「そうだな」と思いました。 そして、今でもそう思っています。
『エゴを下げる』ってどんな感じかを説明してみた件
エゴが上がると、心身が歪みます。 心身が歪む感触というのは、いろんなものがあります。 「心身の歪み」についての説明は「心身の疲れ」ってのがどんな感じかを説明するのに似ています。
幸せになるコツは○○を失うことかもしれない件
感覚が上がったり、状態が改善していくなかで、自分の状態を認識できるようになります。 その場合、自分の状態が良い状態なら良いんですが、それまでは自分の状態を認識できなくなるほど悪い状態だったわけですから、自分の状態を認識するようになると、不安に襲われたようになるんですね。
道具が汚い人は○○がない件
道具に関しては新品じゃなく、古くても良いと思います。 例えば、財布がほころんでボロボロでも良いと私は思うのですが、新品だったとしてもお金が落ちたり、出しにくい財布は道具として欠陥していると思います。
とにかくエゴを下げておけばなんとかなる,,,
エゴが高い状態で日常を過ごすと事故が起こります。 また、チャンスを逃したりもします。 逆にエゴが低い状態だと、無理だと思っていたことがスムーズにうまくいったり、思いがけないラッキーなことが起こったりします。
タバコを吸い過ぎて病気になった人より,食べ飲み過ぎで病気になった人に出会うことが多い件
「最近、住みにくい世の中になったなぁ」と感じる事が多いです。 聞くところによると、最近はオートバイをそこら辺に駐車するのができないそうですね。
会社内で起こる問題はこうすれば改善するけど,それがなかなかできないという話
私が会社勤めをして、部署やチームの責任者をしていたときは、大体15時か16時ごろ、部下に今日の仕事で何が残っているかを確認するようにしていました。 これは日課にしていましたので、その時間に携帯電話の目覚ましをセットしていました。
効率を上げよう!ミスを減らそう!残業しないようにしよう!とするのはムダな気がする件
日々の仕事というのは、仕事の内容にもよりますが、自動車の運転みたいなところがあります。 自動車の運転を想像してみて欲しいのですが、長時間運転をすれば眠くなったり、注意力が散漫になります。  
認識が変わるだけで,ケガで動かなかったところが動くようになることもあって,,,
先日、あるお客さんが左側の鎖骨あたりのケガを治療しても治りが遅く、左腕を自由に動かせないということでした。 聞くところによると、右側から衝撃を受けて、左側を地面に打ち付けるようにして、左側の鎖骨のあたりをケガしたということでした。
失敗談:自分が歪んだら相手がたいへんなことになった
先日、とある営業を受けました。 というか、私が相談して、アドバイスをもらったというのがニュアンスとして近いです。 で、その担当者はチャキチャキのアウトドア好きな感じの女性でした。
刺身の切り方まで教えてみた件(笑)
先日は魚関係のお仕事をされているお客さんが、刺身の柵を持ってきて「刺身の切り方を教えて欲しい」という相談がありました。 私は以前は料理をしていましたが、結婚してからはほとんど料理をしていません。
『ちょっとの良い』を積み重ねると『なんだか良い』になる件
昨日、あるお店に行きました。 そこは「東洋一の品揃え」という触れ込みでしたので、私は商品のお試しがしたくてそのお店に行きました。 お店に入ったら、やはり「東洋一の品揃え」という触れ込み通りで、いろんな商品が所狭しと並んでいました。
あなたが感じていることは誰が感じているのか?
お客さんと話をしていると、自分が感じたことが正しいかどうかを確認したがる人がいます。 似たような感じの人で「自分は人に流されているだけかもしれない、本当の自分が何を感じているのか知りたい」という人もいます。
落ち込んだ気分を変えられないのはなぜか的な話
「精神状態の安定」を求める人がいますが、ニュアンスとしては、気持ちが落ち込んだり、沈んだりしていない状態のことを言っている人が多いように思います。 実際に「精神状態の安定」というのは、自分の精神状態がある一定の状態ということですから、それは「浮かれても、落ち込んでもいない一定の状態」ということになります。
私は無趣味で,毎日が常につまらないのですが,,,
私は自分では「無趣味」と思っているのですが、周囲の人には多趣味だと言われることが多いです。 熱帯魚やメダカを飼育したり、あちこち食べ歩いたり、映画を見たり、音響システム関係にこだわっていたり、こういうのをやっているので多趣味に見えるのかもしれないと思っています。
社長室なんて愚の骨頂.仕事をする人こそ作業スペースを広くした方が良いに決まっている件
パソコンの拡張ディスプレイ機能を使うと、モニターとノートパソコンの画面が繋がったようになって、横長の画面みたいになり、マウスのカーソルをデスクトップモニターの右端からさらに右に持って行くとノートパソコンの画面にマウスが移動する感じになり、作業スペースが拡がったようになって便利です。
物を自分に合わせるのか,自分を物に合わせるのか
ここ最近、カーシェアリングを使って、いろんな自動車の運転をするのが趣味みたいになっています。 「運転が楽しい」というより、自動車の性能、機能を味わうのが楽しくてやっています。 「自動車を開発した人は、こんな工夫をしているのか」と、そういうのを楽しみにしている感じですね。
お金に関して悩む人はお金が増えるほどに悩みが大きくなる件
私は大学生のとき、アルバイトをしていましたが、お金が有ったら有った分だけ使ってしまっていました。 そして、就職のための自己啓発スクールに通いたいと思って、確かトータルで60万円ぐらいかかったと思うのですが、ローンを組んで入校しました。
何でも話半分ぐらいで受止めるのがちょうど良い
私は毎日のようにブログを書いているわけですが、「何のために書いているのか」ということをよく考えます。 私の都合で言えば、集客に繋がれば良いという部分はあります。 ですが、ここ最近は新規のお客さんは平日の日中に受講可能方のみ「空き待ち」で受け付けている状態ですので、集客目的も薄くなっています。
サイドビジネス的なことをして副収入を得ようとしてもなぜうまくいかないか的な話
私もサイドビジネスなことだったり、アフィリエイト的なことで、お小遣いを稼いでいたことがあります。 毎月数万円ぐらいから、一番多いときで、20万円ぐらい稼いだこともあります。