人に内在する良心神(神言会)

みのか尾張の国から出る神の高山(神界ピラミッド)に秘められた【41】の意味
前回のブログは【神の高山の頂上を目指す者と麓から神の高山を眺めるだけの者】でしたが、今回その続きとして補足して行きます。 そこで、前回のブログに出しました神の高山図に更なる加筆して補足を入れて行きます。   世紀の大預言者であった大本教の出口王仁三郎聖師は、有名な【みのか尾張の国から現れる誠の女子】という遺文を残されました。ただ、それを自分
神の高山の頂上を目指す者と麓から神の高山を眺めるだけの者
行者は、スピリチュアルを標榜する人達を苦々しく見ています   そうしたことを聞かれる方はあ
人は死後も生きていると知るには『生き霊や幽霊』を見る.『幽体離脱』の体験が無いと難しい
人は死後も生きています。しかし、そうしたことを言うとすぐに「オカルト」などと批判されてしまいます。あらぬ攻撃も受けます。オカルトとは「occult(魔術的、神秘的、秘密)等の意味ですが、大多数の人の目には触れない霊的世界の存在を語ると、自分がそうした世界を体験したり経験していないと、自分の目で霊的存在に触
みろくの世は何故に水晶玉になるのか?.世にほとんど知られることがない魂の喰い破り
今回の題材は【魂の喰い破り】ですが、おそらくほとんどの人は【魂の喰い破り】という言葉そのものを聞いたこともないはずです。ほとんどの人が知らない事項なので、別に取り上げる必要も無い題材と言えますが、それは人の魂がとても貴重な物でもあるからなのです。  
人は神の姿に似せられし者.神は光で姿形が無いと言う霊能者.出口王仁三郎聖師が描いた国常立尊の肖像画は嘘か?
大本教からはウシトラ金神【国常立尊】の世の大立替が予告されました。日本最高の予言者と言うよりも、今日まで世に出た予言者の中では世界最高ではないかと言われているのが大本教の出口王仁三郎聖師とされます。確かに、その数々の予言を的中させて来たがあります。そして、何故に長崎や広島に墜ちた原子爆弾だけでなく、大正
救世主は女子型か?.みのか尾張の女子と【豚小屋の救世主】との意味
数年前、私に救世主は【豚小屋の女子】と出ました。  
神が表に現れて善と悪とに立別ける.人類に示される二つに別れる道路標識
世の大立替を宣伝した大本教基本宣伝歌に、【神が表に現れて、善と悪とを立分ける】という有名な宣伝歌がありました。当時の宣伝使達は、これを歌っていたと聞き及びます。私も大本教の出口王仁三郎聖師の直弟子の方を師匠とした言霊師の2番目の師匠の元で、この基本宣伝歌を歌わされました。
人の顔をしていても魂は獣(毛物)と魂の核(亥)を光らせる2019年の幕開け
このブログを読んでいただいている皆々様。旧年中はお世話になりました。今年もよろしくお願いします。   私が現在住む土地は、おそらくこれまで出た予言者の中で、世界最高の予言者であったと考えられる大本教の出口王仁三郎聖師が、大正時代に一部の信徒達に教団には内密でその土地を死守せよと命じられたと言われている土地の一角に居を構えています。霊能者の調べではこれらの土地は【陸の竜宮城(金龍海)】の入り口だと云います。確
西暦2018年を表す漢字一字は『災』と決定したが,本当の『災』はこれから先
西暦2018年を表す漢字一字は「災」の漢字となりましたが、西暦2018年に世に起きた数々の事柄は【災い】というほどの出来事ではありませんでした。 西暦2018年は犬年で、祓いの犬年の効力は西暦2019年の節分の頃迄ありますが、祓い年の効果で少しだけ諸悪が世の表に出て来た程度のことです。本番はこれから先と言えます。 &lt
人は誰でも霊界を見ている.自分の夢の中まで支配して来る霊.【意識】とは何ぞや!
世の中には死後の世界たる霊界。神仏が存在する世界を信じる人達と、人は【死ねば終わり】だと、死後の世界を一切認めない人達があります。   日本仏教の某宗派はひどいもので、その信徒さん達に【死後の世界(霊界)な
どちらが正神界で,どちらが邪神界等は無意味な論争.私が言う邪神界とは蛇心界
私も含めて霊的世界に関わっている者は正神とか邪神の言葉を使います。しかしながら、日月神示などに書かれている【悪霊自身は自身を悪と思うてないぞ】とあるように、悪霊も自分達こそ正神であるとの認識下にあります。  
この世の良い思い出だけをあの世への土産として,この世の悪しき思い出はこの世に捨てなさい
私が子供の頃に臨んでいた旧約聖書の神と称する声は、私に【人の一生とは魂の世界からすると、人が修学旅行に行ったような僅かな時間にしか過ぎない。その僅かな時間の修学の為のこの世で、刹那心に溺れて自分の魂を腐らせてはいけない。いくらこの世が苦しいからと言って、自らの命を絶ってはいけない。人は死んでは生まれ、死んで生まれるの繰り返しである】。
西暦2018年の犬の祓い年の現時点で,弥勒世に渡る有資格者は3億8千5百万の神柱か?
私は今の世が立て替わって、やがて永遠性を持った嬉し嬉しの弥勒の世(神の御国)が到来して来ると語って来ました。しかし、現在のスピリチュアルの世界ではそうしたことを語っている方は少数も少数になってしまいました。今では火が消えたようになっています。 この地球の置かれた環境は日増しに悪化しており、自然災害も多発して来て、今の人類の力では病んだ地球は救えません。創造神
2018年は【祓】の犬年で,2019年の猪年は【獣の者】と【亥】の者とに別れ?
明治25年(西暦1892年・いち早くに)に世の大立替を宣伝した大本教から、艮(丑寅)金神国常立尊と坤(未申)金神豊国姫の存在が世に出されました。 国常立尊の神名は日本書紀には初発の神として、古事記では最初が「天之御中主」で、別天津神の後に神世七代の最初の神として「豊雲野尊」と共に出て来ます。だが、記紀神話では「豊国姫」と呼ばれる存在は出て来ておりません。大本教が最初かと考えられます。 &l
この世と地球の霊界は重なり,霊場の霊に移動が起き出している可能性?.に,注意
私達は死後の世界を一般的に【あの世】と称していますが、その霊界はどこに在るのだとなります。宇宙の星に行く魂もあれば、この地球に留まる魂もあると言えます。   今の日本では一般的に人は死ぬと【天国】だと云う言い方がなされていますが、それは最近の話で以前の日本では【死者は草場の陰から見守っている】などと云われて来ました。 また、一部に仏教の理想
輪廻転生における過去世のカルマの代物弁済
人の魂は基本としては「輪廻転生」をしています。しかし、それは全ての魂に当てはまるのかと言うと、魂を腐らせたり捻らせて破砕される魂も存在します。そうした魂がどうなるかを言われる霊能者の方は数が少ないと言えます。ほとんどの霊感者レベルだとそこまで知らないなのです。 も
毒には毒をもって制する.蛇霊退治に強い蛇霊を持って制するで起きる新興宗教
私達は【毒を持って毒を制する】という言葉を知ります。薬は「毒」だという論が生じるのも、薬にはそれなりの毒の要素があるからです。だからと言って、薬を飲まないよりも飲んだ方が効き目があるわけです。 そうしたことによる薬の弊害が【副作用】ですが、それをもって薬は不要論は行き過ぎとなります。薬を飲まないで自分のこの世での命を縮め
この世における各自の魂の『縁起(演技)』と定めの道(宿命)
仏教では【縁起】が説かれます。仏教で説かれる【縁起】とは、 この世における全ての現象は、原因(因縁)と条件が相互に関係して出て来るというものです。それらは「偶然」的なものではなくて、全て「必然」制を伴っているのです。しかし、今ではかなり学説的になっているので、逆に意
私達の魂はどこから来たのか?.本守護神・正守護神から分魂で生み出された
人の肉体は死ねば終わりです。肉体は時と共に衰えて、やがて滅します。それは誰も逃げられない定めと言えます。私達の肉体に【不老不死】などはありません。   では、何故に【魂】と
みろく(五六七)世とは【高次元世の中】のことで,各自の正守護神の存在が重要となる
日本の霊能者やスピリチュアルでも、間もなく【弥勒(五六七)の世】が来るという方は数多くあります。が、そうしたことを言いながら、その時節を見ずにこの世を去られた方は多数あります。すなわち、その時期の到来が何時なのかが解らないなのです。 その【みろくの世】とは五次元世界と告げられています。&lt
人の魂は【輪廻】を通して【目には目を,歯には歯を】で,幸せな一生もあれば不幸せな一生もある
私の元には自分はこれだけ精神的に苦しんでいる。その自分の精神的な苦しみを取ってくれるのが神ではないか。そうした訴えをして来られて、私はにはどうすることも出来ませんと返すと、「罵詈雑言」を浴びせて来られる方があります。ある悪党が私に言いましたが、神は苦しんでいる者を助けるのが神であり、それ以外のことはするな。
霊体でも足がある【生霊(いきりょう)】と,人の上半身しか見えない【思念】
よく幽霊には、足があるとか足が無いの論議があります。霊として見える存在で足がある霊と、顔中心で足が見えない霊も存在します。霊界見聞の野次馬を自称する私にも、非常に興味があった点です。   霊魂の話をする時、【
釈尊,イエス,弘法大師の様な宗教開祖と実践霊能者の両輪で霊界を知る
霊界(死後の世界)の存在は、霊能力を持たない者にとっては解らない世界で、宗教の教えだけでは完全理解には至りません。聖書を読もうが仏典を読もうが、霊界のことは詳しく書かれていません。 その上に、神社に鎮座されている神霊と会話が出来る霊能者でも、神霊から詳しく霊界のこと
大地は沈むのニッポン列島沈没説はアカシックレコードに要因があるのか?
私は霊能者とは言えませんが霊媒体質者ではあるのです。ただ、少々の霊の憑依を受けてもそれで自分がのびてしまうなどは簡単には起きません。ですから、過去に失敗はしましたが龍神の浄霊。稲荷神の浄霊という神霊すらも浄霊するを体験して来ました。   霊的世界に関わる者達の中で
日本語の各四十一位は、イロハの【ミ】。ヒフミの【ス】。アイウエオの【ラ】。ミスラ神とは弥勒神?
大本教からは日本語の【イロハ】が出されました。イロハは祝詞です。岡本天明氏の日月神示では【ヒフミ】が出されました。ヒフミも祝詞です。